上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
おめでとうございます。
カード送ります。
長い事こっちのブログ見てなくてコメントくれてたん気が付無かった
ごめん、
スポンサーサイト
2009.08.25 Tue l ディープなアメリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
現在契約作業中、なんせトラックであっちこっち走り回ってるため
トラックストップについたらFAX番号連絡、書類をFAXしてもらう、
読んでサインして、郵便局からオーバーナイトで送る。

家は今より少々広い、標準のアメリカの家からすると小ぶり(キュート)
敷地は約200坪、床面積40坪、

今日、嫁が両親に、メッセンジャーで電話、購入価格を言ったら
「雨が漏れへんかったら、えぇやん」って言われてる
・・・・漏るねん、1箇所だけ、天井が腐ってるのは、、、
でも床が抜けそうな場所も1か所だけやから・・・
えぇ家やと思う、
言葉を変えると、プロジェクトが楽しみな家

な、ハニー頑張って、トロピカリアンビンテージに仕上げよな
「ダリちゃん、ちゃんと相談しながらしょうな」
えぇやんけ、家の中に噴水あっても
「それが怖いねん」
2009.08.24 Mon l ディープなアメリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
この前から家を探してた。
僕の希望はニューメキシコのデザートの中、
嫁の希望はコロラドのロッキーの山懐
全然ちゃうやん、どないしょう、「そや!ほんなら中取って、フロリダで」
・・・どこが中やねん・・・
ちゅう事でフロリダで、広い、どこがえぇ?
僕の希望でCOCOAにしょうか、なんでココア、
名前がしゃれてるから、えぇ加減な理由、

こんな話、嫁の両親が聞いたら、大騒動や、この前ちらっと言ったら、
仕事はどないすんねん、仕事が先やろ、普通は、
・・・うちは生き方決めてから、それに合った仕事探しまんねん・・・
これはちょっとよう言わん

ぶっちゃけ今が買い時、来年になったら家の値段2倍に戻るちゅう話、新聞で読んだ
おまけにサブプライムローンの問題物件、今の市場価格の7割引き
「チョット奥さん、7割引きやて」
ちょっとこの手の家はASIS(現状渡し)要は修理が必要、かまへんかまへん、
リホームやったらまかしとき、いつも「ビフォーアフター」見てたから、
と言う、軽いノリでオファーした。
この値段からさらに3割引いた値段でオファーした、銀行は乗ってきた、
「よっしゃ、ほんなら6%引いときまっさ」
・・・これに乗ったら関西人と違う・・・
「セントラルエアコン付いてるって、書いてましたけど、付いてましたっけ?」
・・2~3日して「おたくの言い値でよろしいわ」、・・・
やった、やった、ヤッターマン、
てな訳で、この家リフォームせなあかん、どないしょ、

1958年の家、ビンテージ、「コンセプトはトロピカルなグッドオールディーズでいこか」
大瀧龍一とナイアガラトライアングルの「A面で恋をして」見たいな感じの
トロピカルビンテージな感じで行きましょか、
「なーハニー」
2009.08.23 Sun l ディープなアメリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
久々のこっちブログ
嫁さんの両親が心配するような内容はこっち、内容はジプシー生活
それなんや、日本ではあまり縁がない生活パターン
うちの夫婦がそれです、
たぶん嫁の両親、友人は長距離トラックに乗ってるので、家に帰れない日がある。
との認識と思う、実際は有職のホームレス(ジプシー)です、

郵便の届く住所はあります、免許、銀行などなど住所は必要、でも住居ではない
住居はトラックの座席後部にあるスリパーと呼ばれる空間、広さは約3畳(1800x2500)
ここに収納、ベッド、テーブル、12Vコンセント2個、A/Cなどがある。

社会システムがジプシーの生活を快適にしてくれる、
携帯=アメリカほとんどどこでもつながる、インターネット=ほぼどこでもつながる、
銀行=ネットバンキング、デビットカード、風呂=トラックストップと呼ばれるコンビニみたいな
ガソリンスタンド(ここで燃料を給油50ガロンで1回のシャワークレジットが付く(200ガロン入る)
食事=カセットコンロとキャンプ用コッフェルとクーラー(時々外食)
このほか仕事関係ではカルコムと言う衛星通信システム、コムデーターと言うカード
スキャンシステムは書類をFAXのように送る事が出来る。
しいて不自由と言えばトラックが大きいため停める場所が限定されてしまう

どんな生活?
1口でいえば旅がらす、見知らぬ街の見知らぬガソリンスタンドにトラックを停めて1日が終わる
隣のトラックの人と親しく話す、まるで長年のご近所さんみたいに、実際は2度と会うことはないのに
朝、まだ暗いうちに起き、次の町に向かって走り出す。
これの繰り返し、ウチは新婚でこの生活を始めた、3畳1間のジプシー系生活、
もう1年、結構楽しかった、いつも2人で居たからかも、もちろん仕事だから嫌な事辛い事はある、
でも2人ともジプシーをエンジョイしている。

アメリカの時差の中いろんな町、色々な人、色々な風景に出合った、面白い、毎日が新しい
新鮮である。

この生活パターンはアジア人特に日本人のメンタリティには合わないかも、
(水戸黄門とかやってるのに)なぜならこの業界でほとんどアジア人を見かけない
居ても韓国系か中国系アメリカ人(ここで生まれた人)日本人(日系)はまだあった事が無い、
たぶん気分的にジプシーは合わないのだと思う。

ウチもそろそろトラックを降りようっかと話してます。
フロリダで家を見つけました。
ここで住むのなら、ジプシーではなくなるので、
チョット寂しいけど次の生活パターンを始めるため、1っぽ前進ですかね?
家の件はまた次回にこのブログにきままに書きこみします。

今、これを書いている間に、隣のスペースにBUSKE運送のトラックがバックで入れている、
チョット後ろでガイドしたろか、
ほたらまたね


2009.08.23 Sun l ディープなアメリカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。